2009年05月18日

ぎっくり腰

突然やっち来なる腰痛、腰痛ん中ばってんしんどいどっさいばしめるぎっくり腰ややけどげんか、発症どしたつばいこつのあっけん方は多かけんはなかやらはりはらはるか。
ぎっくり腰な、総称でいり、正式な名称な、筋膜性腰痛症またくらは腰椎捻挫と言われていまんねんたい。

しょもしょもなしぎっくり腰は起こるけんしょうか。
わて達な、多かもんば持ったり中腰になってじーったり体ばひねったりどしたつばい時に腰に負担のかかるたい。
そん時に急激にこれらん動作ばしてかい話、かわるけどすと腰やそんまーりん筋肉、脊柱、骨盤やらなんやらのたまがったことやし、必要以上に負担うーびんたけてしまいまんねんたい。
そいで、そいらのゆのんやり捻挫ばおこどしたつばいりし、急激な痛みの伴ほなっとよややけどげんか。そん痛みは突然やっち来なるけん魔おなごしん一撃とも呼ばれていまんねんたい。
またくら腰の冷えやしゅい冬に発症しゅるこつの多かばい。

ぎっくり腰になっちしもた場合な、発症ん当日の痛みのいっちゃん激し来なるため安静のいっちゃんばい。
そいで腰ば冷やしゅんのじーかろうもん一般的な腰痛予防は腰ばぬくめるんのじーかんややけどげんかの、ぎっくり腰にかかっちしもた場合な、さっち冷やしゅぐちしちゃってん。
腰ばぬくめると症状ば悪化しゃしぇてしまいまんねんたい。

数日間、安静生活ば続けていれば痛みは軽減しゃれていきましゅの、安静生活の難しかったり、続けられおへんどしたりどしたつばい時やらなんやらは治療に行かはるんばお勧めしはるとが。
病院ん整形外科や鍼やいと、整体、整骨院やらなんやらそいぞれ治療ん方法は異なるたい。
西洋医学、東洋医学とさん々なおそば面がら治療方法のおるけんの、信頼ん出来なるバイトコば選び治療に行かはるとじーかろうもん

またくらいつもん心のけとしてかい、腰ば使う動作ん時は特に気ばつけなのらゆるっといごく、腰ば冷やしゃなかぐちしゅる、こん二つばびんたに入れておけば、ぎっくり腰にかかりにくくなるたい。
posted by ケン at 19:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。