2009年05月18日

水中歩行

腰痛には適度なふ動がよかと言われまんねんけんどん、無理に体を動かすこつは、さかしまに腰を悪化させて話、かわるけどすこつがありまよ。
そのためには、出来なるやけ腰に負担のかかいんふ動がよかのやっちゃがけんどん、その中でん特に水中歩行はお勧めほなが。

わてらは水の中ほな浮力がかかり、腰にほとんどげんか体重の負担がかかいなくなるじ。
それを利用して水中でぼちぼちさるくとよかやらはりはらはる。
またくらさるくこつにじーって水の負荷もかかるため筋力もつき、腰が丈ムコはんになるじ。

水中歩行は、腰に負担はかかりにくいやっちゃがけんどん、水の抵抗があんため長時間行うと疲れてしまいまよ。
そのため時間を決めて行うとよかやらはりはらはる。初めての方やったら水中歩行は、30分以内にしてくれんどすな。
歩行を行うときは、毎度じーり大またくらにぼちぼち歩きまよ。
ほいで手もふとく振り、多少オーバーにさるくとええやらはりはらはる。
つま先かいほななく、あどかい着地しはるこつでまんねんまんねん腰の負担をかけんごつにしはるわい。
わてのペースで無理のん範囲で楽しまれてくれんどすな。

通うプールにじーってはむっけぇかもしれんじけんどん、歩行の際の水の高さは、胸かいおおへそまでの高さが理想的やと言われていまよ。
またくら温水プールの方が体が温まりやすく筋肉がほぐれやすいと言わはった点でん最適ほなが。

慣れてきよーねぇわての腰のさん子を見もってになってまんねんけんどん、スイミングやアクアビクスを行ってみるのもええかもしれんじ。
けんどん、痛みや無理が生じたりどしたつときは速やかにやめしてくれんどすな。

年齢に関係なく水中でのふ動は、腰痛予防にてげお勧めほなが。
posted by ケン at 19:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。